水道工事など日本の水道技術は非常に優れている

水道工事など日本の水道技術は非常に優れている 近所で水道 工事が行われているのを見かけることがあるという人も多いのではないでしょうか。近年は老朽化した水道管を交換するための工事が、様々な場所で行われています。水道局は安全な水を供給することができるように日々配管などを管理し、災害の際にもいち早く水の供給を復旧することができるように務めています。




■日本の水道水は飲むことができるということは世界的に見ても珍しい

海外の多くの国では蛇口から出る水をそのまま飲むことができません。シャワーや顔を洗う際の水も同じですし、場合によってはジュースなどを提供する際に使われている氷も危ないと言われることがあります。日本でも近年はミネラルウォーターが広く普及していますが、海外では飲水を購入するというのはとても一般的です。海外から日本に来た人の多くは水道水を煮沸などせずにそのまま飲むことができるというのに驚きます。私達の普段の生活の中でごく当たり前に水道水を使用し、そのまま飲んだり、料理に使用したりしていますが、世界的に見てもとてもめずらしいことです。

■海外の水事情を知ることで日本のインフラが優れていることがわかる
蛇口をひねって出てくる水をそのまま飲むことができる国は日本を含めて15カ国程度です。日本と同じような水の使い方ができる国はごくわずかであり、そのほかの国は川や湖、井戸などの水を使用していたり、インフラが整っていても蛇口から出てくる水が安全とは限りません。例えば、アジア圏で蛇口からひねって出てきた水を飲むことができる国は日本とアラブ首長国連邦だけであり、他の国は飲むことができないもしくは飲むことができても必ず一度沸騰させてからでないと飲むことができない場合がほとんどです。
国によっては毎日遠くの井戸や川などに歩いて飲水を確保するために通ったり、大量に水が必要な時は高額の費用を支払って水売りから水を購入することもあります。実際に生きていくために必要な水を確保することができない人が多いという国も存在します。

■なぜ日本の水道水は安全に飲むことができるのか?

蛇口をひねって出てくる水をなぜ安全に利用することができるのでしょうか。まずその理由として挙げられるのが優れた浄水技術です。先進的な浄水システムを導入することによって安全に飲むことができる水を供給することができています。そして次に挙げられる理由は厳しい水質基準です。日本ではとても厳しい基準を設けています。蛇口をひねって出てくる水は塩素の臭いがきつく、そのまま飲むのは抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。これは雑菌を消毒するために使用されているものであり、国の規定では塩素濃度は水1リットルに対して0.1ミリグラム以上とされています。特に夏になると雑菌が繁殖しやすくなることから塩素の濃度は高くなる傾向にあります。地域によって水道水に使用される水や塩素の量などが変わってくることから、実は味も違います。中でも注目が集まっているのが富山市や大阪市、福岡県の久留米市などです。これらの地域は美味しい水道水とし世界的な食品品評会で表彰を受けており、これらの地域の原水は地下水であることがほとんどです。また日本は豊かな森林が多く、綺麗な水に囲まれていることから、川も多く水に恵まれています。綺麗な水を原水にすることができるというのも美味しい水を作ることができる理由となっています。

■まとめ
日本に来た海外の人の多くは日本の水の美味しさに感動します。そして安全な水を供給することができる技術にも関心を寄せ、日本の技術は世界に伝えられています。当たり前に使用している水を少しだけ振り返ってみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース